2018/11/16

横浜鶴見の洋食屋【レストラン ばーく】

普段は忘れているのに、思い出すと無性に食べに行きたくなる店があります。そのひとつが横浜鶴見の洋食屋【レストラン ばーく】です。店舗の傷み具合はなかなかですが、清掃はきちんと行き届いています。マスコミで紹介されるとき、「店は汚いけれどうまい店」的なニュアンスで説明されることが多いので勘違いされている方も多いかと思いますが、決して不衛生な店ではありません。

私とレストラン ばーく、どうも相性が悪いといいますか、思い出すタイミングが悪いみたいです。行こうとするとテレビで紹介されて行列ができたりして諦めることが幾たびもありました。ところが、ここのところ、立て続けに訪問でき、嬉しくなってしまいましたので、写真を載せてみました。

 ハンバーグ定食

ベーコンステーキ定食ソーセージ付

 ハムカツ定食ミニ(ハムカツ2枚)

カツカレー

ちなみに、ここでごはん大盛りにすると、ラーメンドンブリ一杯分くらいの分量がでてきます。注文するひとは、みんな食べきって帰るから凄い。あの位の胃袋が欲しい。

2018/11/12

突然、【中華銘菜 慶 Qing】での宴会話が持ち上がる


目黒区五本木(最寄り駅:東横線学芸大学)にある中華銘菜 慶 Qingでの小宴会。慶 Qingのファンである友人が宴会を主催してくれました。一週間前に突然話が持ち上がり、予約が取れたので、「特別な料理なしで、例湯(ライトン・その日のスープ)を中心にお任せ。」で依頼しました。

宴会当日、気軽に集まり、気軽に始まった宴会なのに、でてくる料理は遊び心と真剣さが混ぜ合わさった謎の展開となりました。

 1.醉北海道牡丹蝦
北海道産ボタンエビの老酒漬け

いきなり30cmに迫る巨大な酔っ払いボタンエビ登場に思わず歓喜の声があがります。写真が下手でその迫力が伝わらないのが残念!
見た目のインパクトだけではなく、その美味しさに酔いしれます。宴会メンバーの心はがっちりとつかまれてしまいました。


2.蜜汁胡椒味燒排骨
スペアリブのハニーペッパー焼き

大迫力のスペアリブの焼き物登場。もう、手づかみでむしゃぶりつきました。骨の周り、うまいんです。


3.例湯
排骨鷄翼鴨肫高菜老火湯


慶に行ったら外せないのが例湯。スープ命!の廣東人を具現化するスープです。美味しいばかりでなく、滋養に富み、身体に染みわたり明日への活力になるのです。この日は、スペアリブ、鶏手羽、アヒルの砂肝、高菜をコトコト炊き込んだスープでした。具は、別皿に盛られてでてきます。食べない人が多いようですが、まだまだ味は残っています。もったいないので、食べちゃいましょう!


4.蝦醤炸鷄翼
鷄手羽の揚げ物蝦味噌風味
慶のオーナーシェフの梁さんは、横浜中華街の南粤美食の存在は認識しているようです。
この蝦醤炸鷄翼は、南粤美食での宴会でだしてもらった蝦醤炸鷄(鷄唐揚げ蝦味噌風味)に呼応した慶からの贈り物。蝦醤炸鷄は、街頭美食である蝦醤炸鷄翼が発展したものと考えられており、慶はその原点をだしてきたという遊び。いやあ、美味しいですよ。


5.薑茸炒菜心
サイシンの炒め物、生姜風味。
揚げ物のあとは、生姜風味でさっぱりとした菜心の炒め物。
味の染み込み方がよく、みなさん関心するばかり。


6.潮州鹹檸檬蒸排骨
スペアリブの蒸しもの潮州産塩漬けレモン風味
かつて横浜中華街大珍樓での宴会の際、私が持ち込んだ潮州産鹹檸檬で「何か作って」というリクエストに対し、試行錯誤の末に開発されたのが、鹹檸檬蒸排骨。あまりにも美味しかったので、いろいろな店で再現してもらいました。そして、大珍樓に匹敵する美味しさを再現させたのが南粤美食でした。
私がいつも香港で購入し、店に持ち込む鹹檸檬は漬け込んで1年程度のまだまだ黄色い若いやつ。これを使うと強い酸味が清冽にして爽やかで、溌剌とした躍動感あふれる味わいとなります。
一方、慶で使用している鹹檸檬は、熟成が進んで数年は経ったもののように見えます。これを使うと、酸味はまろやかになり、皮は陳皮のような風味すら感じられて、味わいに奥深さを増します。
鹹檸檬が異なるだけでこれほどまでに味わいが異なるなんて面白いじゃありませんか!この料理、新鮮な檸檬を使っても美味しいだろうし、自家製塩レモンを使ったらその店独自なものになるだろうし。また、自家製塩レモンなら熟成具合によって変化も楽しめるに違いない。いろんな店で試してもらいたいなあ。

7.清蒸九絵魚
クエの姿蒸し

蝦醤炸鷄翼といった街頭美食が登場する宴会で、超高級魚クエを使った蒸し魚がでてくるという弾けっぷり!躊躇なく両者を同じ土俵にのせてくるという大技を繰り出してきました。「美味しい!」の前にA級だのB級だのというカテゴライズなんて意味がない!それを教えてくれているように思います。おいしかった!


8.白飯
ごはん
蒸し魚がでてくると、醤油タレを白飯にぶっかけて食べたくなりますよね?もうさ、注文しなくても、全員に一膳づつ配られる。わかってらっしゃる!コースの締めの炭水化物がこれで決まりです。


9.慶式合桃露
中華銘菜 慶 Qing特製クルミの汁粉。
美肌に効果ありで近年人気のクルミですが、クルミをふんだんに使った中華デザートが昔からありますよん。この温かさが、心を穏やかにしていきました。

ところで、ご覧になって気がつかれましたか?排骨や鷄翼といった食材が重なってますよね?これ普通ならやらないのですが、敢えて提供しているところが「遊び」たる所以です。他のお客様に対してはまずやらないと思うのですが、私たちは何度も出かけて好みなども理解していただいているので、こういう遊びも無問題。むしろ大歓迎です。他のお客さんだと、「あの店はメニューの組み立てが変!ガッカリ!」とか食べログに書いちゃうひともいますので、難しいものです。



突然決まった宴会で、たったの1週間で、これほどまでに美味しくて、興味深い宴会料理を作り上げてくれました。
中華銘菜 慶のオーナー・梁さん、スタッフの皆さんに感謝するばかりです。それから幹事のOさん。来てくれたみなさんにも感謝。

2018/11/01

【備忘録】楽天モバイル(データSIM) × EVERY Phone EN = デザリング

楽天モバイルのキャンペーン時に9800円位で購入したASUS Zen Fone Go、何度も落としてしまい、打ち所が悪かったのか充電できなくなって終了した。
使い勝手のよい端末だったので、再度購入しようかと思ったら最安値でも15000円する。2年前の端末なのに、依然人気のようだ。

そこで、「デザリングさえできれば安いやつでいいや」ということで浮上してきたのがヤマダ電機オリジナルスマートフォン・EVERY Phone ENという機種。さっそく購入した。
ところが、デザリングの設定をしても、他端末でWi-fiを検知しないという事態に遭遇。いろいろ設定を変えてみて、やっと動くようになった。
詳しいひとなら、当たり前のことなのかもしれないが、誰もが詳しいわけでもないと思う。備忘録として残すとともに、EVERY Phone ENを購入して同じ目に遭っているひとの参考になればと思い、書き残すことにする。

【設定手順】
1.起動:
EVERY Phone ENに、楽天モバイルのSIMをセットして起動。

2.APN設定:
(1)[設定]ー[…もっと見る]―[モバイルネットワーク]―[アクセスポイント名]で、APN画面がでる。
APN画面のリストに楽天モバイルはないので、自分で作成する必要がある。APN画面の上にある[+]ボタンを押す。
(2)各項目を設定する。
●名前:任意([楽天モバイル]にした)
楽天モバイルのメンバーズステーションで提供されていない項目:何も設定しない。または、デフォルト値。
楽天モバイルのメンバーズステーションで提供されている項目:提供されている値を設定。
(3)設定が終わったら、画面上にある[:]―[保存]で、APN画面に戻る。
(4)リストに、2.(2)で設定した名前が表示されているので、選択して画面終了。

3.デザリング設定
(1)[設定]ー[…もっと見る]―[デザリングとポータブルアクセスポイント]―[Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ]で、[Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ]画面表示
(2)設定内容は、[AP帯域幅を選択]以外は初期値のまま
・ネットワーク名:EP171EN
・セキュリティ:WPAK2 PSK
・パスワード:初期値のまま ★この値を変更するとなぜかWi-fiを認識しなかった。
・AP帯域幅を選択:5GHz ★ここの値を5GHzに変更したら成功した。
・最大接続数:6ユーザ
なんだかわからなくなったら、[OOBリセット]ボタンを押下してやりなおし。
(3)設定が終わったら、画面下にある[保存]ボタンを押下して終了(忘れがち!)。

4.デザリング有効化
(1)[設定]ー[…もっと見る]―[デザリングとポータブルアクセスポイント]―[Wi-Fiアクセスポイント]で、[Wi-Fiアクセスポイント]画面表示
(2)画面上部の[OFF]状態を[ON]にする

これで、他の端末でWi-Fiを検知できるようになりました。

EVERY Phone EN、なんだかクセのある端末だなあ。でも、まあ、デザリングができるようになってよかった。

2018/10/14

秋なので美味しい粤菜を食べに【中華銘菜 慶 Qing】へ

2018年の秋は突然やってきました。
美味しい粤菜を食べたくなって、目黒区五本木(最寄り駅:東横線学芸大学)にある中華銘菜 慶 Qingへ向かいました。
ここが凄いのは、粤菜の王道のような料理を通常メニューとして提供していることです。

テーブルを予約するだけで、特別なリクエストをしなくても、黒板に書いてあるメニューを選ぶだけで満足させてくれます。
ちなみに、週末は予約でいっぱいになることも多いようで、希望する日があるのなら早めに予約するべしです。
いつもどおり、黒板に書いてあるものから選択しました。
XO醤
まずは慶自家製XO醤。ここのXO醤の美味しさは別格です。酒のアテにもなりますし、ご飯のお供にもなります。
蒸花生
前菜代りの蒸し落花生。八角、桂皮、月桂樹、陳皮などとともに蒸しあげられた千葉県産のおおまさりです。香り高く、食欲を増進させます。ただ、一粒一粒が大きいですので、あまり食べ過ぎますと、後でお腹が膨れて苦しくなる。その調整がまた難しい。どうせなら、ZIPLOCKを持って行って、はじめから全部持ち帰りという手もあります。
例湯:その日のスープ
この日の具は、鶏翼、白菜仔、排骨、干ROKO貝。動物性のうまみと干した貝のうまみ。それを束ねる白菜仔の甘味。
美味しくて身体が喜んでいます。やっぱり、粤菜はスープですよ!
例湯の具
ところで、慶では、例湯の具はスープから引きあげられ、スープとは別に提供されます。これは香港でよくみられるスタイルです。「例湯の具は、味が抜けているので食べなくてもよい」とどこかで聞いたことがあるのですが、いやいや、ちょっと醤油をつけるだけで、大変に美味しく食べられるんですよ。私は、これでお惣菜として一品に数えちゃってるくらいです。
白灼金銭肚
ハチノスの湯引き。「美味しい!ああ、ああ!白飯ください!」と思わず叫ぶその美味しさよ!
鹹檸檬蒸笠子魚
オーナーシェフの梁さんが香港に行ってきたとのことで、キッチンには鹹檸檬が鎮座。魚と蒸してくれるとのことで、この日はカサゴと一緒に蒸していただきました。カサゴは大変に美味しい魚。ただでさえ美味しいのに鹹檸檬ですよ!最高です。酸味が堪らなく好きなんです!
 巨峰雪葩:巨峰のシャーベット
馬拉糕:蒸カステラ
美味しかった!
しかしながら、今回は、燒味にも臘肉炒時菜にもたどりつけませんでした。巨大な胃袋が欲しい!
まあ、それは次の機会に…お腹いっぱい美味しいものを食べて、幸せな気分で店をでました。中華銘菜 慶 Qingは、そういう気分を約束してくれるような店だと私は思います。

2018/09/30

宮城興業の靴のパターンオーダー(2足目)

前回初挑戦だった宮城興業の靴のパターンオーダー。あまりにも履き心地がよかったので、もう一足作ってみました。

今回は、U-TIPです。U-TIPは、デザインやモカシン部分の縫い方がちょっと変わるだけで、大分印象が変わってしまい、好みでなくなってしまうこともしばしま。宮城興業のパターンオーダーはサンプルをみることなく注文するのでなかなかの冒険ですが、ありがたいことに靴店や個人のブログなどが大変に参考になりました。何度も何度も確認して、栄 ES-14で作ることにしました。

作る靴が決まりましたので、次はオーダーです。

今回も取扱店である伊勢佐木町商店街のプロフィットイイジマにお願いしました。前回のときに採寸しているのですが、一応電話で予約の要否を確認。「採寸済みなのでそれほど時間はかからない。いつでもどうぞ。」とのことでしたがお伺いする日時を伝えました。

二足目となるともう慣れたもので、いろいろなオプションの丁寧な説明は省いてもらいました。そして、45日目…出来上がった栄 ES-14は期待どおりの出来!
今回は艶を抑えた革を選択
内側は「和創良靴」の刻印

靴の内側は赤にしてみました。インチキ臭くて最高です!

靴底には「日本国山形産」の刻印
本当はすぐにでも履きたいのですが、私は歩き方の癖でつま先が減りやすいため、靴にはヴィンテージスティールを装着するようにしています。プロフィットイイジマでは対応していないので、靴を受け取ったその足で、靴のメンテナンスでは絶大な信頼を置いているSUZUKI&SONに向かいます。
SUZUKI&SON
ちなみに、SUZUKI&SONは元町商店街裏から横浜市西区境之谷(横浜市営バス「久保山」近く)に移転しています。いやあ、黄金町駅から歩ける距離だと思いましたが、一山超えてへとへとですわ。これに懲りて、受け取りに行くときは、横浜駅東口のそごうのバス停から102番系統で久保山に行きました。納期は一週間。

相変わらず丁寧な仕事っぷりに感謝。
さっそく、プレメンテナンスを施して、散歩をと思ったのですがこの日は颱風接近で大雨。外に出られず。

2018/09/16

東京巣鴨の華姐私房菜で、廣東家常菜小宴会

宴会仲間から「巣鴨に廣東話と普通話しか通じない家庭料理店がある」との報告あり。そんな店があるだなんて、心穏やかにいられません。「これはすぐにでも行かねば!」と行こうと思ったら、友人が宴会をやるというので早速混ぜていただきました。
華姐私房菜は、巣鴨地蔵通り商店街の間口の狭い雑居ビルの地下一階にあります。その雑居ビルがあまりにも地味で、googleMAP頼りに辿りついているハズなのに、ビルに気が付かずに店の前を行ったり来たりしてました。
「なんだここか!」と苦笑いしながら狭い階段を降りると、居酒屋居ぬき感満載!いいじゃあありませんか!
店は、T字型の構造となっており、カウンター席4、奥には6人掛けのテーブルが2卓となっております。そして、女将さんの娘さんが少し日本語が話せるようです。しかし、娘さんがいなければ、この店では日本語は通じません。メニューも中国語ですので、行かれる方は十分に気を付けてください。
さて、この日は特別な料理ではなく、メニューから注文。
1.手撕鹽焗雞
2.例湯
3.荷葉飯
4.馬蹄魷魚蒸肉餅
5.蝦醤炒通菜
6.蒸鳳爪
7.鹹魚鷄粒茄子煲
8.大腸炒青瓜
9.馬蹄糕

 
 
なんだか、親戚の家に集まって叔母さんの手料理を食べている感覚に陥ります。これはなかなかに得られないもので、とても温かい気持ちになりました。
これは、言い換えると、「プロの手によるレストラン料理」を期待するのであれば、他の店に行くべきだということ。華姐私房菜に行くのであれば、利用方法を間違えないようにしてください。なんてったって、この店は華姐私房菜(ワー姐さんのキッチン)なんですから!

ちなみに、この日は味付けが濃過ぎなものがありました。聞いてみると、「日本人向けに味濃いめにした」とのこと。日本人が味が濃いのが好きかどうかは別として、彼ら/彼女らはそう信じているひとが多いのです。
初めて行く店ではこれに注意しなくてはいけません。事前にどういう味付けにするか言っておくのがよいです。

非常に興味深い店がオープンしてくれました。今後の発展が楽しみです。